杉板鎧張りの加工

昨日から長崎の新築現場の杉板の加工に入りました。

外壁が杉板の鎧(よろい)張りの為、杉板の加工が必要です。

杉板の加工寸法を検討中

池田大工は作業場にあるボードの端材の裏などに、さしがねを使って現寸を書きます。

現寸で寸法を出すのが一番間違いのない方法です。

作業場が杉板でいっぱいに

加工機械が置いてある作業場とは別の倉庫で杉板を乾燥させていたので持ってきました。

自動かんなと超仕上

写真の機械を使って杉板を加工していきます。